黒豆

おせち料理の中でも、祝い肴の筆頭が黒豆です。
お正月料理の定番と言えますね。

お正月に黒豆を食べるのには意味があります。
豆=「マメ」という事から、黒豆は一年中まめに働いてまめに生きるという願いを込めているのです。

黒豆を煮るのは難しいと思っている方もいるかと思います。
しかし、実際に黒豆を煮てみると、時間は掛かりますが手順はそれほど複雑ではありません。
レシピを紹介しますので、おせち料理の定番である黒豆にぜひチャレンジしてみて下さい。


材料
乾燥黒豆...2カップ(300g)、
水...1400ml、
砂糖...250g、
しょうゆ...大さじ1、
塩...小さじ1弱

作り方
 1.乾燥黒豆は、虫のくっているものや割れているものを取り除き、良く洗ってザルにあげて水を切ります
 2.鍋に水1.2Lを入れて火にかけ、煮立ったら火を止めて砂糖・しょうゆ・塩を加えて良く混ぜます
 3.その鍋に「1.」の黒豆を入れて一晩置きます
   その時に、古釘や鉄玉を入れておくと、鉄分が黒豆の色を保って、きれいな色に仕上がります
 4.一晩置いた「3.」を強火にかけ、沸騰したら水100mlを加えてアクを取り除き、さらに100mlの水を加えて再び煮立て、もう一度アクを取り除きます
 5.「4.」に落し蓋をして、ごく弱火にして5時間ほど煮ます
 途中で煮汁が少なくなったら分水を足して、豆が常にひたひたの状態になる様にして下さい
 豆が指でつぶせるくらいになったら出来上がりです

煮込むときに圧力鍋を使うと、大幅に時間が短縮できます。
ただし、圧力鍋でも落し蓋は必要です。


関東風の黒豆は少しレシピが異なって、「シワの出来るまで長生きできる様に」とわざと豆の表面にしわを寄せて煮ます。
参考までに、この関東風のレシピも紹介します。

材料
普通の材料と同じですが、
水を200ml減らします

作り方
 1.黒豆は、指でつぶせる位までやわらかく水煮します
 2.そこへ砂糖・塩・しょうゆを加えて20分位煮てから火を止めます
 この様にすると、浸透圧で豆の水分が外に吸い出されて表面にしわが寄ります


黒豆を作ったらぜひ入れたいのがチョロギです。
赤くて巻貝のような形をしたアレです。

チョロギは、「長老喜」と書いて、中国では昔から長寿に効果があるといわれています。
いわゆる薬膳の食材で、強壮作用・鎮咳作用に効果があるそうです。



Copyright © 2007 お正月料理レシピ. All rights reserved