初詣 参拝

神社に参拝するときは、本殿に上がって参拝する「昇殿参拝」と、賽銭箱の前で参拝する「社頭参拝」の2つの方法があります。
初詣の時は多くの場合は「社頭参拝」になりますね。

まず最初にお賽銭を入れますが、投げ入れてはいけません。
賽銭箱の上に手を持って行って、そっと入れます。
次に、頭上に大鈴がある場合は軽く拝礼してから鈴を大きく鳴らします。
この鈴の音によって、神様が降りて来ます。

それから参拝になります。
大半の神社では、二礼二拍手一礼です。
これは2回お辞儀をして、2回手を鳴らし、最後にもう1回お辞儀するという方法です。
出雲大社等では、四礼四拍手二礼となっています。

神社によっては、境内の中に小さな神社や社があったりします。
これらは「摂社」とか「末社」と呼ばれているものです。
本殿で祀られている神様にゆかりのある神様や、神社に奉仕してきた人が呼び寄せた神様などが祀られている社です。

本殿に参拝した後は、摂社や末社にも、同様に参拝しましょう。

尚、参拝の時に神様に「お願い」をするのは筋違いです。
神様には日ごろの事を感謝して、今年も見守ってくださいという気持ちを伝えます。

Copyright © 2007 お正月料理レシピ. All rights reserved