大晦日の過ごし方

毎月の最後の日を晦日(みそか)と言います。
1年の最後の日は「大晦日」と呼ばれています。

大晦日は、歳神様を迎えるための準備をします。
全国の神社では、罪穢れを祓う行事「大祓い」を大晦日に行っています。
大祓いの時期になると、神社には大きな茅の輪が設置されます。

昔から、お正月に天から降りてくる歳神様を迎えるため、大晦日は一晩中起きているのという習慣があります。
そのために、大晦日はいつもより遅くまで起きているという家庭が多いのではないでしょうか。
早く寝てしまうと白髪になるという言い伝えもあります。

今では、大晦日の夜からお正月にかけて、各地で様々な行事が行われています。
テーマパークや遊園地などではカウントダウンパーティを行うところが多いようです。

日付が変わったら、すぐに初詣をする人も多いですね。
有名な神社やお寺は大変な人出です。

大晦日の過ごし方は人それぞれですが、新しい年が良い年であるように願って過ごせれば良いですね。
Copyright © 2007 お正月料理レシピ. All rights reserved