鏡餅

平らたくした2つの餅を重ねて作る「鏡餅」は、しめ縄や門松とともに、お正月飾りとして欠かすことのできないものです。

鏡餅は神様と人を仲介するものとして考えられています。
神様にお供えするものなので「お供え餅」とも呼ばれています。

古代から鏡というのは神様が宿る神聖なものとされています。
鏡餅は縁起の良いものとして、お正月に飾るのです。

縁起ものですから、飾りに使う物も、それぞれに意味があります。

鏡餅は、三方(さんぼう)と呼ばれる台の上に、四方紅(しほうべに)と呼ばれる紅色で縁取られた白い紙を敷き、その上に裏白(うらじろ)を載せて餅を重ね、その上に干するめや串柿、昆布、橙(だいだい)などを載せて飾るのが一般的です。
鏡餅に使われるこれらの物には、きちんとした由来があります。

・三方(さんぽう)
木で出来た台です。
古くから、相手に物を差し上げる時に使われていました。

・四方紅
紅色で縁取られた白い紙です。
紅で四方を縁取る意味は、災いを払拭して新年の繁栄を祈願するということです。

・裏白
シダの一種です。
裏白は葉の表面が緑色で裏が白いという特徴があります。
裏が白いことが綺麗な心を意味します。
また、新しい葉がどんどん伸びてくるので、永く栄えることを意味しています。

・橙
橙の実は一度熟した後、また緑色に戻り4、5年以上落下しません。
このことから健康・長寿や家系繁栄を願ったものとなりました。
Copyright © 2007 お正月料理レシピ. All rights reserved