洋風おせちと中華風おせち

おせち料理というのは平安時代から始まったそうです。
おせち料理の中身は色々な意味を持った料理がたくさん集まっています。

最近のおせち料理は、昔の様に決められたレシピにこだわらなくなってきているのではないでしょうか。
洋食や中華というおせち料理もお店や通販ではあります。
これらは「おせち料理」と呼べるのかどうか、という疑問もあります。
しかし、昔からの風習はちょっと横へ置いて、お正月に皆で楽しく食べられて日持ちのするもの、というとどんなものがあるでしょうか。

洋風の料理
・ビーフカルパッチョ
  肉を焼いて薄く切り冷蔵庫へ入れえおきます。
  食べる時に、ケッパー・粉チーズ・オリーブオイル・塩コショウをかけます。
・数の子マリネ
  数の子・薄切り玉ねぎ・ざく切りルッコラをつけ汁(*)に漬けこみます。
  *しょうゆ、塩、こしょう、サラダ油
・ハムとほうれん草のキッシュ
・ミートローフ
  合いびきミンチに、みじん切りの玉ねぎと人参とキャベツ、パン粉、卵、を入れてよく混ぜ合わせる。
  塩コショウで味付けをしてさらに混ぜ、オーブンで焼く。
  しょうゆ、みりん等でたれを作り、水溶き片栗粉でとろみをつけてからかける。

中華風の料理
・鶏肉の冷製
  鶏もも肉を焼いてから冷まし、鶏がらスープに漬けて冷蔵庫へ入れておきます。
  食べる時に、肉をそぎ切りにして、ネギソース(*)をかけます。
  *ごま油、万能ねぎ、砂糖、醤油、酢を一煮立ちさせたもの
・スペアリブロースト
  豆板醤ベースのソースに豚スペアリブを漬け込んでおき、オーブンで焼く。

Copyright © 2007 お正月料理レシピ. All rights reserved