おせち料理とは

おせち料理とはお正月に食べる料理の事ですが、何故「おせち(お節)」と呼ばれているのでしょうか。

季節の変わり目のことを節句と言います。

昔は節句の時に神様に料理をお供えしていたそうで、その料理のことをお節料理と呼んでいました。

今では節句の中でも特に代表的なお正月に食べる料理の事だけを「お節料理」と呼ぶようになっています。

 

語源を見てわかる様に、おせち料理はもともとは神様にお供えする料理です。

神様にお供えする事で家族が幸せに暮らせますようにと願いを込めた料理でもあります。

ですから縁起が良いと言われている食材を使います。

それによって家族の安全や健康を祈ったり、五穀豊穣を祈ったりするというのがそもそもの意味です。

おせち料理を見れば分かる様に、縁起が良いと言われている山の幸や海の幸がふんだんに使われているのも特徴です。

 

代表的なおせち料理の意味を紹介してみたいと思います。

【紅白の蒲鉾】
紅白は昔からめでたくて縁起が良いと言われています。

紅は喜ばしい事とかおめでたい事とかを示していますし、白は神聖である事を現しています。

結婚式等のお祝い事でも紅白に関連する料理やものを使いますね。

 

【錦玉子】
玉子がお目出度いというのはなぜでしょうか。

玉子というのは、白身と黄身の2色有りますね。

この白身は銀色、黄身は金色に見立てて、金銀なのでおめでたいといわれています。

お正月に限らずお祝いのときにには玉子料理を作ります。

Copyright © 2007 お正月料理レシピ. All rights reserved