蠣油牛肉(ハオヨウニュウロウ)・・・牛肉のカキ油いため

牛肉の薄切りをオイスターソースで炒めたものです。
広東料理で欠かせないオイスターソース(牡蠣油)ですが、牡蠣を塩茹でにした時に煮汁をベースに作ります。
かつては茹でた牡蠣を日干しをして使っていたそうです。
オイスターソースは牡蠣独自のうま味とコクのある調味料です。

今回の蠣油牛肉(ハオヨウニュウロウ)は、牡蠣油の旨みとともに炒めたレタスの歯ざわりも楽しめるものです。


◆材料(2人分)
・牛赤身薄切り肉  ・・・150g
・片栗粉と油      ・・・各大さじ1/2
・ネギ            ・・・1/3
・ショウガの薄切り・・・2枚
・にんにく        ・・・1片
・ごま油          ・・・小さじ1/2
・こしょう        ・・・少々

〈A 肉の下味〉
・酒              ・・・大さじ1/2
・しょうゆ        ・・・小さじ1
・ショウガ汁      ・・・小さじ1/2
〈B 調味料〉
・オイスターソース・・・大さじ1/2
・砂糖            ・・・小さじ1/2
・しょうゆ        ・・・小さじ1/2
・酒              ・・・大さじ1/2

〈C 水溶き片栗粉〉
・片栗粉          ・・・小さじ1/4
・水              ・・・小さじ1/2


◆つくり方
1.牛肉は一口大に切り、〈A〉で下味をつけて、片栗粉と油をまぶしておきます。
2.レタスは1枚を3・4片にちぎって水気を取っておきます。
3.ネギは粗みじんにし、ニンニクはぶつ切りにします。
4.中華なべに油大さじ1弱を熱して、レタスをさっと炒めてから、取り出します。
  ここで油に塩を少量入れると、色が鮮やかになります。
5.残りの油を足して、ネギ・ニンニク・ショウガを炒め、香りを出します。
6.なべに下味をつけた牛肉を入れて、肉の色が変わったら、〈B〉を入れ、〈C〉の水溶き片栗粉を加えて炒めます。
7.レタスをなべに戻して、全体をざっくりと混ぜたら、ごま油とこしょうで風味をつけます。
全ての手順を素早く行うのがコツです。

Copyright © 2007 夕ご飯のレシピ. All rights reserved