小アジのたたき

最近は健康ブームという事で、肉料理よりも魚料理が注目されていますね。
特に青魚(青い背の魚)に多く含まれるDHAやEPAが高脂血症の予防に役立つと言われていますね。
主な青魚というのは、イワシ類・アジ・サバ類・サンマです。
今回は、新鮮な小あじを使って小アジのたたきを作ります。

アジは三枚におろしたら、ショウガとアサツキを加えてたたきます。
アジ独特の生臭さがありますから、ショウガとアサツキがその生臭さを緩和してくれます。
夕ご飯のレシピに加えても良いですが、お酒の肴としてもおいしいと思います。
新鮮なアジが手に入ったら、是非作ってみてください。

アジの選び方ですが、まず目を見ます。
新鮮なアジは目が澄んでいます。
だんだん時間がたってくると、白内障のような感じになってきます。
これはアジには限らず一般的な新鮮な魚の選び方です。
また、新鮮なアジは体全体がピカピカしています。
時間がたつと何となく黒ずんできます。

アジは、年間を通じて出回っていますが、初夏から夏が数多く出回っています。


小アジのたたき

◆材料(4人分)
・小アジ・・・8尾
・ショウガ・・・1片
・アサツキ・・・4本程度

☆二杯酢
・酢・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・青じそ・・・4枚

<作り方>
◆下ごしらえ
1.小アジの頭を落としてはらわたとゼイゴを取ります。
  そのあと、三枚におろします。
2.小さい腹骨がありますから、毛抜やピンセットで取って、皮をむき、酢で洗って荒く刻みます。
  骨が気にならない程度の小さいアジの場合は骨はそのままでもOKです。
3.ショウガをみじん切りにして、アサツキは小口切りにします。
4.アジの上に、乗せて、そのまま包丁の刃でたたきます。
5.二杯酢の材料を合わせます。
6.器に青じそを敷き、アジを盛り付けて二杯酢をかけます。
Copyright © 2007 夕ご飯のレシピ. All rights reserved