鶏ひき肉とごぼうの柳川風卵とじ

開いたドジョウあるいは丸のままのドジョウを、ささがきゴボウといっしょに甘辛く煮て卵でとじた鍋料理を「柳川鍋」といいます
ドジョウもごぼうも精のつく食材と言われていて、暑中に食べるものとされていました
今回はドジョウの代わりに鶏ひき肉を使って「柳川風」にしてみましょう
ゴボウのうま味が卵でふんわりと包まれて、おいしい一品です

★家庭料理のコツ!・・・基本のレシピのアレンジ
・ゴボウはあくが強いので、切るとすぐに褐色に変色します
ゴボウは切ったらすぐに水につけましょう
白く仕上げるには、酢を水に入れるといいです


鶏ひき肉とごぼうの柳川風卵とじ レシピ

◆材料(4人分)
・卵・・・4個
・鶏ひき肉・・・200g
・ごぼう・・・200g
・さやいんげん・・・100g
・油・・・大さじ1
・出し汁・・・カップ1
・砂糖・・・大さじ3
・しょうゆ・・・大さじ1強
・塩・・・少々

*お好みで粉ざんしょうや七味とうがらしを加えます

◆下ごしらえ
・ごぼうはきれいに洗って、包丁の背を使って皮をこそげとって、もう一度きれいに洗います
・ごぼうはささがき〈下記参照〉にし、切ったらすぐに酢を少々入れた水につけてアクだしします
水を2~3回取り替えて、水がきれいになったら笊にあげます
そして水気を良くきっておきます

〈ささがきの仕方〉
包丁の刃先を使い、鉛筆を削るように材料を回しながら細く、薄く削りとる切り方です
キンピラごぼう、柳川なべ、チラシ寿司の具などに向きます

・サヤインゲンは筋をとり、斜めに薄切りにします

◆作り方
1.小さめの鍋に油を熱したら、水気を切ったごぼうを入れて、しんなりするまで炒めます
2.1にひき肉を加えて、色が変わったらサヤインゲンを加えます
  出し汁・砂糖・塩・しょうゆを入れて、蓋をして約5分煮ます
3.煮えてきたら、卵を割りほぐして回し入れます
4.ふたをしてさらに約1分煮て、卵が半熟状態になったら火をとめます
5.器に盛ります
*卵を入れる前に、彩りを考えてサヤインゲンの位置のバランスをとると仕上がりがきれいですよ
Copyright © 2007 夕ご飯のレシピ. All rights reserved