洋風茶碗蒸し

茶碗蒸しですが、和風のだし汁の代わりに、牛乳と濃いめのコンソメで作ります
一風変わった茶碗蒸しになります

★ポイント!
電子レンジで加熱したあとの余熱を利用する事によって、調理時間を大幅に短縮できます
加熱時間をあえて少なくして、余熱を利用して火を通す方法は、デリケートな卵料理にはぴったりです
茶碗蒸しは一気に加熱するのではなくて、何度かに分けて、状態を確認しながら熱を加えることで、すが入るのを防ぎます
アルミ箔をうまく利用するのがコツです
アルミホイルが電子レンジの扉に触れるとスパークの原因になって危険です
注意してかぶせましょう


◆材料(2人分)
・卵・・・1個
・濃いめのスープストック・・・カップ1/2(固形スープの素利用)
・ロースハム・・・2枚
・生しいたけ・・・2枚
・牛乳・・・カップ1/2
・塩・・・小さじ1/3
・コショウ・・・少々
・セロリまたはみつば・・・少々

◆つくり方
1.小型の蒸し茶碗の内側にバターを少々塗っておきます
2.生しいたけは石づきを取ってから薄切りにします
3.ハムは4つ切りにします
4.牛乳とスープストックを混ぜ、塩、コショウを入れて混ぜ合わせ、卵を割りいれます
★コツ!
あわ立てないようにして徐々に卵をほぐし入れます
卵を全部入れたら、一度こします
5.1の器に生しいたけとハムを入れ、4の卵スープを静かに流し入れます
6.熱の通りすぎで、すが立たないようにする為にアルミ箔をかぶせて、電子レンジで2分加熱します
いったん取り出して、器のふたをとって中の状態を確認して、再びアルミホイルをかけて1分30分加熱します
もう一度中を確認して、状態に合わせて30秒~1分の加熱をします
そのままアルミ箔を取らないで、余熱で火を通します

最後にミツバをのせます

★注意:ここでご紹介するレシピでは、500Wの出力の電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています
ご自宅の電子レンジの出力数に応じて時間を調節してください
Copyright © 2007 夕ご飯のレシピ. All rights reserved